[芸能] チャン・ドンゴン−コ・ソヨン…カップル資産300億ウォン





  トップスターカップル、チャン・ドンゴンとコ・ソヨンが結婚式を挙げる予定だが、2人の資産規模に大きな関心が集まっている。

  チャン・ドンゴンは「歩く中小企業」と呼ばれる。彼の正確な財産と収入は公開されていないが、毎年、数億ウォン台出演料であるCMを3〜5編ずつ撮影し、映画およびドラマ出演料などを加えれば100億ウォン(約7億7千万円)以上の資産を保有しているものと推定される。 チャン・ドンゴンの両親の住む蚕院洞(チャムウォンドン)所在の40億ウォン相当のマンションと新居のある黒石洞(フクソクドン)所在30億ウォン相当のビラ、そして現在、本人が居住している12億ウォン台のマンションまで合わせて80億ウォンを超す不動産を所有している。

  またコ・ソヨンは「不動産財テクの達人」として有名だが、ソウル清潭洞(チョンダムドン)に位置する彼女のビルは、市価100億ウォンを超えるという。また彼女の両親が暮らすソウル江南区論硯洞(カンナムグ・ノンヒョンドン)所在の一戸建ても彼女の所有で、40億ウォンに達する。 芸能関係者たちは2人の資産は少なくとも300億ウォンから400億ウォンに達するものと推測した。

  チャン・ドンゴン−コ・ソヨンは5月2日、ソウル中区の新羅(シルラ)ホテルで、家族や知人および親しい同僚芸能人を招待し、非公開で結婚式を行う予定だ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 03月 05日 00:11