[芸能] イ・ビョンホン「『インフルエンス』の撮影、アイリス22話撮る気分だった」





  イ・ビョンホンがデジタル短編映画「インフルエンス」に対して「アイリス22話を撮影するようで、体力的に大変だった。しかし魅力的な作業だった」と話した。

  イ・ビョンホンは2日午後2時、ソウル狎鴎亭CGVで行われた「インフルエンス」(The Influence)ショーケースで、実験的な性向の映像物に挑戦した所感を明らかにした。

  彼はこの広告を添えた映画から朝鮮王族として生まれ、朝鮮を守るために自ら命を絶ち、歳月が経っても変わらない価値を持った神秘な存在ガイドW役を消化した。イ・ビョンホンは100年間、巨大な水槽に閉じこめられたJ(ハン・チェヨン)と愛を分かち合う。

  イ・ビョンホンは「アイリス撮影を終えてすぐ『インフルエンス』を始め、まるで『アイリス』の22話を撮る気分だった。実験的な劇中に自分を自由に任せることができて良かったが、体力的には大変だった。1人3役を消化したが、少しは無我地境の状態で撮影し、自然に自我分裂になる感じだった」と笑った。

  「インフルエンス」は3つのエピソード、計60分のランニングタイムで制作されたデジタル映画だ。   ドラマ「チェオクの剣」「ベートーベンウイルス」を作ったイ・ジェギュ監督が演出を担当、イ・ビョンホン、ハン・チェヨン、キム・テウ、チョン・ノミンらが出演する。3日から4月12日まで順にインターネットを通じて無料で公開される。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 03月 03日 22:49