[芸能] パク・ソニョン、5月に青瓦台通訳官と結婚





  女優パク・ソニョン(34)が‘5月の新婦’になる。 パク・ソニョンは青瓦台(チョンワデ、大統領府)で通訳官を務めるキムさんと、5月末にソウル獎忠洞(チャンチュンドン)の新羅ホテルで結婚する。2人は03年に知人の紹介で知り合い、7年間にわたり信頼と愛を築いてきた。

  パク・ソニョンのある知人は24日、「両家の親の都合で5月末に挙式日が決まった」とし「新郎の職業を考慮し、2人とも質素で静かな挙式を希望している」と伝えた。また「パク・ソニョンは結婚後も俳優として活動を続ける計画」と付け加えた。

  パク・ソニョンの心をつかんだ新郎のキムさんは外交官試験を首席合格したエリート官僚出身。外交通商部の所属で、現在、李明博(イ・ミョンバク)大統領の通訳官を務めている。03年から5年間、国連本部で外交官として活動し、イラクのザイトゥーン部隊でも勤務した経歴がある。パク・ソニョンは08年にキムさんとの交際を明らかにした。

  96年にKBS(韓国放送公社)スーパータレント選抜大会で大賞を受賞し、芸能界にデビューしたパク・ソニョンは、美貌と演技力で主演級俳優として活躍してきた。これまでドラマ「王の女」「Oh!必勝ボン・スニョン」「悲しみよ、さようなら」「101回目のプロポーズ」「冬鳥」などに出演している。

  昨年放送が終わったKBS(韓国放送公社)2週末ドラマ「ソル薬局の息子たち 」では、ソン・ヒョンジュの相手役の国際弁護士イ・スジン役を演じ、多くの視聴者から喝采を受けた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 02月 25日 20:32