[芸能] キム・ジャンフンが後援した独島映像、ニューヨークで上映





  キム・ジャンフンが制作費用全額を後援した独島(トクト、日本名:竹島)および東海(トンヘ、日本海)広報広告が3・1節を迎え米国ニューヨークのタイムスクエア広場とマンハッタン韓人タウンで同時に上映される。

  キム・ジャンフンと韓国広報専門家ソ・ギョンドク誠信女子大学客員教授が共同制作した映像は独島が大韓民国の領土であることを世界に知らせる広報映像だ。

  当初3・1節という意味深い日にタイムスクエア広場で上映される予定だったが、最近、マンハッタン韓人タウン屋外広告電光掲示板で追加上映することにした。30秒分量の映像にCNNニュースの広告を通じて48回紹介される予定だ。

  キム・ジャンフンは23日「独島に対する韓国人たちの無関心は日本の妄言に劣らず切ない部分だ。特に在米韓国人2、3世は独島に対して大きな関心がないようだ」とし「今後、海外に住む海外同胞たちが参加できる独島守護プロジェクトを構想中だ」と話した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 02月 24日 18:40