[芸能] ソ・ジソブ 「ロードナンバーワンは二度とない作品」





  「こういう作品は二度とないだろう」。

  俳優ソ・ジソブが6月に放送予定のMBC(文化放送)新ドラマ「ロードナンバーワン」に対する思いを語った。

  「ロードナンバーワン」は、激動の韓国戦争(1950−1953)を扱ったヒューマンドラマ。ソ・ジソブのほか、キム・ハヌル、ユン・ゲサンが主人公にキャスティングされた。

  ソ・ジソブは「非常に台本がおもしろく、実力のある制作陣と作業することになり、個人的にすごくうれしく思っている」とし「現場の雰囲気は非常にいい。しかし戦争の場面なので山の中での撮影が多く、俳優、スタッフともに厳しい寒さに苦しんでいる。演技では俳優の口が凍ってうまく発音できないほど」と説明した。

  ソ・ジソプは「事前制作ドラマなのでスケジュールのため体がきついが、そのほかのことはすべてよい。 こういう作品は二度とできないだろうという考えをよくする」と伝えた。さらに「いつも楽しみながら撮影をしている。良いドラマを作るために頑張っている。 期待してほしい」とファンへのあいさつも忘れなかった。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 02月 18日 23:20