[芸能] チョン・ジヒョン、中国映画の主演に抜擢





  俳優チョン・ジヒョンが王穎(ウェイン・ワン)監督の新作「雪花と秘文字の扇」(雪花与秘扇、Snow Flower and the Secret Fan)のヒロインにキャスティングされた。

  3日、所属事務所のサイダスHQによると、チョン・ジヒョンは映画「ジョイ・ラック・クラブ」のウェイン・ワン監督が演出する中国映画「雪花と秘文字の扇」のヒロインにキャスティングされ、中国の女優、李冰冰、ハリウッドスターヒュー・ジャックマンと共演する。

  「雪花と秘文字の扇」は米国系中国人リサ・シーの同名小説を映画化したものと映画香港出身米国人監督ウェイン・ワンがメガホンを取った。

  この映画は19世紀の女性たちが抑圧された中国の清を背景に、孤立した人生を生きた女性たちが扇に秘密の文字で詩や文を取り交わし、深い友情を分かち合う2人の女性の話を描いた作品だ。

  劇中チョン・ジヒョンは暴風のような人生を生きる雪花役を演じ、李冰冰と一緒に歳月を超えた女性たちの友情を感動的に見せる予定だ。

  所属事務所関係者は「中華圏で多くの人気を集めた映画『猟奇的な彼女』のときからチョン・ジヒョンに関心を抱いていたというウェイン・ワン監督が、何回かラブコールを送ってきたが、これまでは惜しくも良い機会にめぐりあえなかった」とし「今回の作品を一緒に作ることになり、チョン・ジヒョンもウェイン・ワン監督も喜び、期待している」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 02月 05日 00:20