[芸能] 「歌手Rain、米国公演キャンセルの責任ない」





  07年の米国ツアー公演中止と関連して公演企画会社がRainらを相手取り起こした数十億ウォン台の損害賠償請求訴訟で、裁判所は「Rainに責任はない」という判決を出した。

  ソウル中央地裁は28日、公演企画会社ウェルメイドスターエムが歌手Rainと元所属事務所JYPエンターテイメントを相手取り45億7000万ウォン(約3億5000万円)の賠償を求めて起こした訴訟で、原告敗訴判決を下した。

  ソウル中央地裁は「北米地域の公演のキャンセルはRainの商標権紛争のためではなく、現地のレボリューション社との契約問題、ハワイプロモーションを引き受けたマクロス社の不備による」とし「公演契約上、第3者との紛争時はRainとJYPエンターテイメント側に責任を問わないという免責約定があるため、Rainに公演キャンセルの責任を問うことはできない」と明らかにした。

  また「中国公演がキャンセルになった原因もDRミュージック側が独断で公演権を販売した点にあるため責任は問えない」と述べた。

  ウェルメイドスターエムは出演料として100億ウォンを支払って06−07年のRainのワールドツアー公演を推進したが、JYP側が米国内の商標権に問題がある点などを明らかにしたことで、予定された35回のうち16回がキャンセルとなり、昨年3月に損害賠償請求訴訟を起こした。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 29日 23:10