[芸能] 2PMが‘黄金期’…CM7本で20億ウォン





  2PMが7本のCM出演で‘黄金期’を迎えている。

  2PMは最近、コカコーラの新製品ミニコークのCMモデルに抜てきされるなど、7本の広告に相次いで契約した。
  2PMメンバー全員が出演するCMは計7本。 アイドルグループらしくスナック類から衣類ブランド、携帯電話まで幅広い。サンタフェ、ブラウニーマーケットO、三星(サムスン)電子コービーフォン、パリバケット、スプリス、カス、コカコーラなど数多くのブランドの顔になっている。 コカコーラのCMは2月13日から放送される。 CM7本の収益は約20億ウォン(約1億5000万円)にのぼるという。

  メンバーのニックンはタイでも広告パワーを立証している。 ニックンは現在、スクーター「ジェラート」とスナック「ハナビ」のCMに単独で出演している。

  所属事務所のJYPエンターテイメントは「昨年は音楽活動で多くの声援を受け、広告契約の件数も増えた」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 28日 22:09