[芸能] キム・ヒョンジュン「全元大統領の傘寿の宴には出ていない」


   


  SS501のリーダー、キム・ヒョンジュンが全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領の傘寿の宴に出席したかをめぐり、ファンの間で甲論乙駁があった。

  18日、関連報道が伝えられると、SS501の所属事務所DSPメディアが「全くの事実無根」と反論したが、数時間後、その立場をくり返し変更した。DSPは「キム・ヒョンジュンが全元大統領と直接的な親交はなく、ほかの仕事で所属事務所社長が同行しただけ」と話した。

  キム・ヒョンジュンは19日午前2時ごろ、SS501公式サイトに「行ったのは行ったが、出席したのは所属事務所社長の誕生日パーティーだけ。事実を知らずに悪く言ってほしくない」という文を残した。所属事務所DSPも同じ日午前11時「ヒョンジュンが深く傷ついたようだ」と解明の文を書いた。

  所属事務所は「18日はイ・ホヨン代表の誕生日だった。この日『人生劇場2010』の撮影日程があったパク・ジョンミンを除き、社長とキム・ヒョンジュン、キム・ギュジョン、ホ・ヨンセン、キム・ヒョンジュン(末っ子)の夕食が予定されていた。リーダーのキム・ヒョンジュンは、別のミーティングの件で社長とともにいたが、ほかの場所に移動する際、社長に全元大統領側から連絡をもらったので、ちょっと立ち寄った」と説明した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 20日 20:22