[芸能] チャン・ドンゴンが左ひざ手術


   


  チャン・ドンゴンが13日、ソウルのある総合病院で左ひざの手術を受けたことが分かった。 チャン・ドンゴンは12日午後、この病院に入院し、精密検査を受けた後、13日午前にひざの手術を受けた。

  チャン・ドンゴンの所属事務所AMエンターテイメントの関係者は「無事に手術が終わり、手術の結果も良いと聞いている。しばらくはリハビリに専念する計画」と伝えた。

  チャン・ドンゴンは04年、映画「ブラザーフッド」の撮影中、左ひざの軟骨を負傷した。一度簡単な手術を受けたが、1年前から状態が悪化し、今回また手術を受けた。
  チャン・ドンゴン側は「この5年間ときどき物理治療を受けてきたが、最近、右ひざに無理がかかり、再手術を受けることになった。リハビリ治療だけでも8週間ほどかかる予定で、治療に集中できるよう周囲の人たちには静かに見守ってほしい」と説明した。

  チャン・ドンゴンはコ・ソヨンと8泊9日のハワイ旅行を終え、10日に帰国した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 16日 00:59