[芸能] 韓国訪問の年が開幕、イベントなど盛りだくさん


   


  地図を片手にソウルの街を旅する外国人とさらに出会うことになりそうだ。

  政府と民間企業が合同で外国人観光客誘致のために制定した「2010〜2012韓国訪問の年」が1日に幕を開けた。これにより3年間にわたり韓国を世界に広報し、外国人を歓迎する行事が韓国だけでなく海外でも開かれる。外国人観光客のための各種割引きとイベントも行われる。国全体が大々的に観光客を出迎えるものだ。

  財団法人韓国訪問の年委員会は最初の行事として、1日午前0時から今年最初の外国人訪問者歓迎行事を仁川、金浦、済州の3空港で一斉に行った。新年最初の航空便で仁川空港に到着した中国人と日本人の観光客に国際線ビジネスクラスのチケットとホテル宿泊券がプレゼントされた。またこの日、全国の日の出の名所では韓国訪問の年開幕記念行事が同時に開かれた。

  外国人観光客向けの特別優遇も盛りだくさんだ。韓国を訪れる外国人の約6割がショッピング観光客という事実から、百貨店・免税店から、宿泊施設、飲食店、古宮、美術館などの料金を最大60%まで割引きする。また韓国に4泊以上滞在する外国人には1泊を無料で提供するサービスも実施される。 ソウルに集中する外国人観光客を地方に分散するためのバス観光商品も開発した。慶州市(キョンジュシ)と全州市(チョンジュシ)が日本人観光客を対象に毎日バスを運行する。 9月には慶州で韓流フェスティバルが開かれ、10月には釜山で花火大会、全州で韓国料理フェスティバルが行われる。

  文化体育観光部の柳仁村(ユ・インチョン)長官は、新年最初の訪問客歓迎行事で、「韓国訪問の年の期間中、まだ韓国を訪れたことのない人たちには『一度は行かなくてはならない国』を、一度でも訪れた人たちには『また行きたくなる国』を作りたい」と抱負を示した。

  昨年韓国を訪問した外国人観光客数は800万人をわずかに下回った。韓国訪問の年の行事が終わる2012年には外国人観光客1000万人時代を開き、観光競争力を世界20位以内に引き上げるのが委員会の目標だ。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 08日 01:18