[芸能] 100年ぶりの雪の爆弾…1907年観測以来最大


   


  4日、ソウルなど中部地方と慶北(キョンブク)内陸地方に「雪の爆弾」が降った。   特にこの日未明から午後2時まで、ソウルには25.8センチの大雪が降った。 1907年の気象観測(公式積雪量観測資料基準では1937年)以来、1日の積雪量が最も多い。以前までソウル地域の1日の最大積雪量は69年1月28日の25.6センチだった。 大雪は午前6〜9時、ラッシュアワーに集中し、新年、初出勤する市民たちは立ち往生した。

  気象庁は、ソウルの朝の最低気温が氷点下10度まで下がるものと予報し、道が凍るため、道路での安全運転を呼びかけている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 07日 23:38