[芸能] Wonder Girls「Nobody」、米「今年のPV」にノミネート


   


  人気女性アイドルグループ・Wonder Girlsのヒット曲「Nobody」が、米国の音楽サイトで「今年のプロモーションビデオ(PV)」にノミネートされ、ビヨンセ、ザ・ブラック・アイド・ピーズ、ニーヨ、アリシア・キーズらと競合している。

  Wonder Girlsは去る30日、140文字以内でコメントをつぶやく形式のミニブログ「ツイッター」を通じて、「Nobody」のPVがミュージックトーンドットコム(musiqtone.com)が選ぶ「今年のPV」にノミネートされたと紹介した。

  この「今年のPV」にノミネートされたのはWonder Girlsのほか、ビヨンセの「シングルレディー」、ザ・ブラック・アイド・ピーズの「ブーム、ブーム、バップ」、カニエ・ウェストの「3AM」など有名なミュージシャンのPV80編だ。最終の結果は全世界のファンによる投票が終わる来年1月末に公開される。

  Wonder Girlsは今年ジョナス・ブラザーズの全米ツアーを通じて知られるようになり、「Nobody」の英語バージョンのアルバムをリリースした。その後「Nobody」が米ビルボード・メーンシングルチャート「ホット100」の76位にランクインし、韓国人歌手としては初めてビルボード入りする快挙を達成した。

  12月9日には米FOXテレビの人気ダンスオーディション番組「アメリカン・ダンスアイドル(So You Think You Can Dance)シーズン6」にも出演した。最近は米大手広告・プロモーション企業のジェイ・ウォルター・トンプソン(JWT)が選ぶ「2010年に注目すべき100人」に入り、注目された。

  Wonder Girlsは現在、米国に滞在し、アルバムのレコーディングを行っている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2010年 01月 04日 18:36