[芸能] 愛を朗読するシン・スンフン



歌手シン・スンフンが朗読の舞台に立つ。 

  12月29日夜11時30分、KBSテレビ(韓国放送公社)第1チャンネルで放送される番組「朗読の発見」で、心に大切に秘めていた文を読みあげる。 

  シン・スンフンは自作の文「犬と猫」を朗読し、番組をスタートする。「愛は偉大な言葉だ。別れも懐かしさも愛のために存在するから、終生愛だけ歌ってもその多くの感情をすべて引き出すことはできないだろう」。 

  イ・ムンジェの詩「冗談」を朗読する際は「音を遠くまで響かせようと苦しみを堪える鐘がミュージシャンに似ているように思えて、好きな詩だ」と紹介した。キンバリー・カーバーガーの箴言詩「今知っていることをその時も知っていたら」も彼の声で舞台を包んだ。20歳のころ、自身を勇気付けたというデール・カーネギーの「カーネギー幸福論」の一部も聞かせてくれた。 

  また、映画音楽について「普段から映画好きだが、映画で音楽は通行人のようでなければいけない」とし、映画「猟奇的な彼女」の挿入歌「I believe」を熱唱した。

ⓒ JES/Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 31日 21:44