[芸能] ペク・チヨン、健康悪化でディナーショー中断し病院へ

  


  ペク・チヨンが27日夜、高熱と低血圧、声帯結節の症状によりディナーショー開始から30分でステージを降り救急室に運ばれた。

  ペク・チヨンはこの日、ソウル・汝矣島(ヨイド)63シティコンベンションホールで開かれた「ペク・チヨンディナーショー」の途中でめまいを訴え、公演開始から30分で退場した。

  この日マネージャーの助けを受けながら舞台に上がったペク・チヨンは、「銃に撃たれたように」「忘れないで」など5曲をかろうじて歌った後、観客に「申し訳ない」と謝った上で近くの病院の救急室に向かった。ペク・チヨン側はチケットの払い戻しと再公演を約束している。  
  mnet japen

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 29日 01:34