[芸能] Super Juniorのハンギョンが専属契約解約訴訟…


   


  Super Juniorの中国人メンバー、ハンギョン(25、中国黒龍江省)が所属事務所のSMエンターテイメントを相手取り専属契約無効確認訴訟を起こしたと、中国メディアが報じた。

  中国ポータルサイト「新浪網」は21日、「ハンギョンがSMを相手取りソウル地裁に専属契約無効確認訴訟を起こした」と伝えた。ハンギョンは現在、中国に滞在中という。
  新浪網によると、ハンギョンは個人活動に制約を受け、活動方法をめぐる意見が所属事務所SMと合わないため、専属契約の解約を要求した。SM側は「まだ公式的に何も確認されていない」と言葉を控えた。

  ハンギョンの訴訟が事実である場合、7月に東方神起のメンバー3人(ジュンス・ユチョン・ジェジュン)の離脱に続き、SMはまたも試練を迎えることになる。

  ハンギョンは01年、SMが主催したH.O.T.チャイナのメンバー選抜オーディションで抜てきされ、トレーニングを経て05年にスーパージュニアのメンバーとして正式デビューした。ハンギョンは韓国でまずデビューした最初の中国人歌手で、中国現地ではSuper Junior−Mとして活動し、人気を集めている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 22日 18:57