[芸能] イ・ビョンホンが結婚誘惑?カナダ同胞女性に訴えられる


   


  俳優のイ・ビョンホンがカナダに居住する女性から訴えられた。

  イ・ビョンホンの元ガールフレンドだと主張するカナダ同胞のクォンさん(22)は8日、「イ・ビョンホンが結婚しようと言いながら自分を誘惑し、一緒に寝た。精神的・肉体的な被害を受けた」とし、1億ウォン(約750万円)の損害賠償を求める訴状をソウル中央地裁に出した。

  カナダで新体操を専攻しカナダ代表としても活動したクォンさんは訴状で「イ・ビョンホンは知人を通して紹介を受けた。 その後、映画を一緒に見たり、チケットのプレゼントを受けるなど好感を見せてきたので、自然な流れで接近した」とし「昨年9月のトロント映画祭の広報を終えてニューヨークに行ったイ・ビョンホンからずっと電話があり、その1週間後にカナダで会ったのが2度目で、その時から本格的に交際を始めた」と明らかにした。

  クォンさんの主張通りなら、イ・ビョンホンは映画「グッド・バッド・ウィアード」の広報でカナダ・トロントを訪問した際にクォンさんに会ったということだ。
クォンさんは「昨年末韓国を訪問し、イ・ビョンホンの盆唐(プンダン)の家で10日間滞在した。 イ・ビョンホンは自分の母親と妹、友人に私を恋人と紹介してくれた」と主張した。クォンさんはイ・ビョンホンの勧誘でカナダ生活を終え、7月に韓国に来ることになったという。

  クォンさんは「私が韓国に来た後からイ・ビョンホンの態度が変わり、私に保証金1000万ウォン、月70万ウォン(約5万5000円)の奉天洞(ボンチョンドン)にある部屋を与えた後、連絡が途絶えた。自分の知名度と財力を利用して私を遊び相手にした後、別れることを強要したので、訴えることになった」と伝えた。 
  イ・ビョンホンの所属事務所BHエンターテイメントのソン・ソクウ代表は10日、「クォンさんが9日、イ・ビョンホンに対して民事訴訟とともに常習賭博の事由で告発状を提出した」とし「当社は法律代理人のキム&チャン法律事務所を通して今日、ソウル中央地検に、イ・ビョンホンを相手にしたクォンさん側の脅迫および金品要求容疑に対する捜査依頼とともに、イ・ビョンホンに提起された容疑に対する調査を要請する陳情書を提出した」と話した。 

  ソン代表は「(民事訴訟と常習賭博告発は)イ・ビョンホンのイメージに打撃を与えようという悪意的な意図があるとみられ、この事件について真実を明らかにし、無実であることを証明する」と強調した。

 
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 11日 02:52