[芸能] イ・ビョンホン、100億ウォン台の不動産を購入


   


俳優イ・ビョンホンが100億ウォン(約7億5000万円)台の不動産を購入し、話題になっている。

  KBS(韓国放送公社)2ドラマ「アイリス」で諜報員キム・ヒョンジュン役として活躍しているイ・ビョンホンは、今年3月と10月、それぞれ不動産競売を通して47億ウォンと54億ウォンの競売物を購入した。トップスターらしく芸能界不動産所有上位ランキングに入った。

  京畿道・広州(キョンギド・クァンジュ)に住むイ・ビョンホンは京畿道南側に位置する不動産を取得した。3月に落札された不動産は京畿道・城南市盆唐区書ヒョン洞(ソンナムシ・ブンダング・ソヒョンドン)ユルドン公園付近にある4階建てのビル(敷地含む)で、10月には京畿道・竜仁市器興区新葛洞(ヨンインシ・キフング・シンガルドン)に位置する1階建ての建物(敷地含む)を取得した。

  ソ・テジ、コ・ソヨンら芸能界不動産所有上位ランキングに入っている芸能人が清潭洞(チョンダムドン)などソウル江南(カンナム)の不動産を購入しているのとは対照的だ。

  イ・ビョンホンは2件の不動産競売で卓越した財テク能力を見せている。 3月に取得した不動産は現在60億ウォン、10月に取得した不動産は70億ウォンに上がっているという。すでに20億ウォン台の相場差益が出ている。不動産競売を通して相対的に低価格で市場に出た京畿道一帯の不動産を取得しているのだ。 特に10月に取得した不動産は敷地を含む古い1階建ての建物であり、イ・ビョンホンが新しく建物を建てる場合、さらに大きな差益が期待される。

  金融界のある関係者は「イ・ビョンホンは不動産競売を財テク手段に選択した。国内だけでなく海外認知度まで高まっているイ・ビョンホンに対し、金融界の信頼度が高まっている」とし「イ・ビョンホンは見る目もあるので、今後も不動産財テクを続けると予想される」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 10日 18:45