[芸能] Wonder Girls、デイブ・スチュアートと提携で米デビューアルバム発表へ


   


  来年2月初めに米国で発売されるWonder Girlsの新アルバムに米国のプロデューサー、デイブ・スチュアート(Dave Stewart)が参加する。

  デイブ・スチュアートは5日(現地時間)、ツイッター(twitter.com/DaveStewart)で、WonderGirlsと一緒に撮った写真とともにデビューアルバムに収録する曲「Always Without Me」のデモバージョンを公開した。

  デイブ・スチュアートはシンガーソングライターミュージシャンで、「ユーリズミックス」のプロデューサーでありメンバーとしてよく知られている。「Sweet Dreams(Are Made of This,83)」をはじめ、「Here Comes the Rain Again,84」「Would I Lieto You? 85」などの曲をヒットさせた。

  Wonder Girlsのデビューアルバムを制作する過程で、Wonder Girls側がデイブ・スチュアートに曲の渉外を要請、デイブ・スチュアートが快く受諾して会うことになった。

  JYPエンターテイメントは「デイブ・スチュアートがツイッターを通して公開したバラード曲‘AlwaysWithout Me’は、彼がWonder Girlsのために準備した3曲のうちの1曲。 最高の作曲家が一緒に作りだすWonderGirlsのデビューアルバムを期待してほしい」と明らかにした。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 10日 00:48