[芸能] Super Junior−M、台湾人ファン3000人とふれあい


   


    Super Junior−Mが3000人の台湾人ファンと楽しいひとときを過ごした。

  ハンギョン、シウォン、リョウク、ギュヒョン、ドンヘ、ヘンリー、チョウミで構成されたSuper Junior−Mは5日午後7時30分、台湾の台北国際コンベンションセンターでミニアルバム1集の代表曲「スーパーガール」でステージを開始し、「到了明天」「迷」「至少还有你」などヒット曲を熱唱、中華圏スター王光良の「童話」で観客の熱狂的な声援を受けた。

  メンバーの個別ステージも特別だった。ヘンリーは周杰倫の「安静」をピアノ演奏とともに披露し、ドンヘはジェイソン・ムラーズの「アイム・ユアーズ」をうたった。ギュヒョンは台湾歌手蕭敬騰の「原涼我」を歌った。

  特に台湾の人気グループF4のメンバー、ヴァネスがこの日のファンパーティを観覧しており注目を集めた。ヴァネスは公演後の控え室でSuperJunior−Mのメンバーを激励した。 Super Junior−Mは6日に所属事務所のSMエンターテインメントを通じて「台湾ファンらと特別な思い出を作れたようでうれしく幸せだった。これからも多くの応援をお願いします」と感想を伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 07日 22:03