[芸能] ‘花男’F4、アジアプロモーションへ…新世代韓流スター競争に突入


   


  イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、キム・ボム、キム・ジュンの‘花男’F4が新世代韓流最高スターの座をかけて競争する。4人は12月中旬、アジア各国へ出国し、韓流プロモーションを行う。 KBS(韓国放送公社)2ドラマ「花より男子」で‘花男シンドローム’を起こした勢いをアジア各国で継続するねらいだ。

  その間、F4として一緒に新世代韓流スターに合流したが、今後は‘一人立ち’して競争を繰り広げることになった。歌やダンスなどさまざまな才能を見せながらアジアのファンに会う予定だ。

  まずはキム・ボムがスタートを切る。キム・ボムは7日、タイ・バンコクへ行き、ファンミーティングおよびプロモーションを行う。日本を起点としたキム・ボムが東南アジアに舞台を拡張している。 キム・ボムの所属事務所キングコングエンターテイメントのイ・ジンソン代表は「タイが日本・中国に続いて韓流の大きな市場に浮上している。キム・ボムは後発の韓流スターだが、新しいスタイルの企画でファンにアピールする計画」と述べた。

  キム・ヒョンジュンはSS501とともに9日、香港に出国し、プロモーションとコンサートを並行する。SS501は「花より男子」の主題歌「僕の頭が悪くて」で、アジアでトップクラスの韓流グループに定着した。先月出した新曲「Love Like This」で‘花男’から独立した韓流をアピールする計画だ。 SS501は先月末に国内活動を終え、香港などアジア活動に専念している。

  キム・ジュンとTMAXも後に続く。TMAXは10日からシンガポールでコンサートとファンミーティングを開催する。キム・ジュンは最近、新型インフルエンザに感染したが、2日に完治し、コンサート準備に入った。 所属事務所プラネット905のシン・ヨンソプ・チーム長は「年末から来年初めまでアジア活動に専念する。アジア活動の売上目標を50万ドルに設定した」と明らかにした。

  F4のリーダーのイ・ミンホは有終の美を飾る。イ・ミンホは週末から台湾・香港でファンミーティングを開く。先月日本で始めたグローバルファンミーティングツアーの第2弾だ。イ・ミンホは東京・大阪で約8000人のファンと会い、快調なスタートを切った。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 12月 05日 01:57