[芸能] パク・シヨン−イ・フィリップ、熱愛説を否認


   


パク・シヨンとイ・フィリップが、最近ささやかれる熱愛説に対して強力に否認した。

  パク・シヨンとイ・フィリップは26日「今年初めに放送されたKBS2『ザ・スリングショット〜男の物語〜』で共演した後、恋人関係に発展した」というあるメディアの報道で関心を集めた。

  しかしイ・フィリップ所属事務所はこの日、韓国の日刊スポーツ(IS)との電話通話で「2人は親しいが恋人ではない。『ザ・スリングショット〜男の物語〜』に出演した俳優同士、私的な集まりで何回か会っただけで、恋人ではない」と話した。同社関係者は「イ・フィリップ本人も驚いていた」と付け加えた。
  パク・シヨン側も明らかにした。所属事務所イヤギエンターテイメントは「パク・シヨンが大胆で、誰にでも明るく接するのでたびたびそのような誤解を受ける」と熱愛説を否認した。

  ミスコリア出身のパク・シヨンはSBSドラマ「マイガール」をはじめとし「ヨンゲソムン」 「花咲く春が来れば」「甘い人生」映画「マリンボーイ」「九尾狐家族」「愛」で好演、現在はSBS「日曜日が好き−ファミリーがやってきた」に出演中だ。

  イ・フィリップは米国連邦政府コンピューター保安事業をしているS企業の御曹司でネチズンの間でも人気のある俳優だ。ジョージ・ワシントン大学を卒業し、MBCドラマ『太王四神記』で一躍有名になった。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 26日 22:11