[芸能] ハン・イェスル「かわいいという言葉はうれしい」


   


ハン・イェスルが「かわいい」という称賛に対しては決して辞退する考えがないと話し、笑いを誘った。

  ハン・イェスルは25日午後、ソウル・論硯洞(ノンヒョンドン)インペリアルパレスホテルで開かれたSBS(ソウル放送)テレビ水木曜ドラマ「クリスマスに雪が降るだろうか」(演出チェ・ムンソク)の制作発表会で、「かわいいという言葉はいつ聞いても気分がいい。何度聞いても笑みがこぼれてしまう」と言って笑った。 ハン・イェスルは「謙遜しなければいけないが、かわいいという言葉はあまりにもうれしい」と話し、笑いが止まらなかった。

  ハン・イェスルは、明るくおせっかいで、いつも損をするハン・ジワン役で出演する。 純粋な性格のため学生時代の初恋は実らなかったが、成人になって婚約者ができた後、初恋に再会し、葛藤が生じる。この日公開されたハイライト映像でハン・イェスルは清純で洗練された美貌を見せた。

  「クリスマスに雪が降るだろうか」は、ハン・イェスルのほか、コ・ス、ソン・ウソン、チョ・ミンス、チョン・ホジン、ナム・ジヒョンらが出演する。ドラマ「イケメンですね」が終わった後、12月2日から放送される。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 26日 20:55