[芸能] IVY、ニックンとセクシーなパフォーマンスを披露


   


歌手IVYが人気アイドルグループ「2PM」のメンバー、ニックンとステージに立ち「セクシー・パフォーマンス」を披露したが、好評と非難とに反応が分かれている。

  IVYがニックンとステージに上がったのは11月21日午後、ソウル・松坡区蚕室(ソンパグ・チャムシル)室内体育館で行われた「2009・Mnet Asian Music Awards」(MAMA)。
  ヴァンパイアのコンセプトで「タッチ・ミー」を披露したIVYは、ステージの下に降りてニックンをパートナーに指定した後、一緒にダンスを踊った。挑発的な姿勢でニックンを誘惑するという設定で、IVYはニックンの胸元を触り、キスするかのような場面を演出した。胸が大きく開いた衣装を着て踊るIVYのセクシーな姿は観客を興奮させた。

  同ステージは「IVY特有の高飛車なセクシーさがよく表現されている」と評価されたが、「扇情的」と非難する声もあった。特に2PMのファンの一部は「なぜニックンに触るのか」と不機嫌な態度を取り、IVYのミニホームページに非難の書き込みを残した。

  所属事務所デ・チョコレートは「スタッフと舞台の演出について協議し、ヴァンパイアというコンセプトを決めた。そのコンセプトに適した衣装や舞台の雰囲気を演出しただけだ。純粋なパフォーマンスとしてのみ受けとめてほしい。我々としては公演の完成度という側面からは満足している」とした後IVYも公演に情熱を見せた。2PMのファンクラブも公演当時、たくさん応援してくれた。一部ファンが非難しているのは残念なことだ」と話した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 25日 22:56