[芸能] 俳優キム・ミンジュン、日本映画に主演


   


俳優キム・ミンジュンが日本映画に主演することが決まった。

  キム・ミンジュンは川口浩史監督の「全羅の詩」にキャスティングされ、全羅南道・順天(チョンラナムド・スンチョン)などで撮影に臨んでいる。

  88年ソウル五輪が開催される前、青年らが去っていく村にひとり残り、最後まで村を守る純粋な青年イ・ガンス役を演じる。

  所属事務所マイ・ネイム・イズエンターテイメント側は「川口監督は映画『いかさま師』やドラマ『チング〜愛と友情の絆SPECIAL』でキム・ミンジュンを注意深く観察、キャスティングを決めたという。来年6月に日本で公開する予定だ」と伝えた。

  キム・ミンジュンは映画を撮影した後、日本入りしファンミーティングなどを行う予定だ。本格的な日本進出のため、映画撮影の合間に日本語も勉強しているという。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 20日 03:48