[芸能] イ・ビョンホン、今年を代表するスタイルに


   


イ・ビョンホンが今年を代表するスタイル部門の「ブラックカラーウォーカー」に選ばれた。

  ブラックカラーウォーカーは、職業的成功とともに、家庭・余暇・社会的義務も充実した男性像だ。Aアワーズは18日、今年を代表する8人の受賞者を選定し、イ・ビョンホンがスタイル部門で受賞すると明らかにした。

  関係者は9月から各界要人らの推薦を受けて内部審査を経て「G.I.ジョー」などでハリウッドスターとしての位置づけを固めたイ・ビョンホンが今年韓国最高の俳優に選ばれたと選定背景を明らかにした。

  このほか大リーグで活躍している秋信守(チュ・シンス)選手(カリスマ部門)、映画「コウモリ」を通じ2度目のカンヌ訪問を果たしたパク・チャヌク監督(リーダーシップ部門)、タイガー・ウッズを破りPGAチャンピオンシップで優勝したプロゴルファーのY・E・ヤン(ヤン・ヨンウン)(自信部門)、タイガーJK(情熱部門)、キム・テホ「無限挑戦」プロデューサー(知的能力部門)、ファッションデザイナーのソン・ジオ(創造力部門)、パク・ジョンホ風月堂代表(革新能力部門)など、各部門で頭角を現わした人々が受賞者に選ばれた。   第4回を迎えるAアワーズ授賞式は26日にソウル・漢南洞(ハンナムドン)のグランドハイヤットソウルで開かれ、賞金1400万ウォンは少年野球発展基金として使われる。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 18日 21:29