[芸能] リュ・シウォン「4都市4色のコンサートに」…日本ツアー


   


歌手で俳優のリュ・シウォンが4色のツアーで日本市場を狙う。

  リュ・シウォンは14日の東京公演を皮切りに名古屋、横浜、大阪の4都市でツアーコンサートを開催中だ。 さいたまスーパーアリーナと名古屋の愛知県体育館でのコンサートがこれまでの経験をもとにリュ・シウォンのヒット曲を中心に企画されたコンサートだとすれば、横浜アリーナと大阪城ホールの公演は未来志向的なコンセプトで、やや実験的な内容が反映されるコンサートになるという。

  07年に「リュ・シウォン 2007 Live With You」が行われたさいたまスーパーアリーナはおよそ3万5000人が入る大規模な会場だ。愛知県体育館も07年にコンサートを行った会場で、リュ・シウォンは同年神戸を含め3都市のコンサートで、7回のコンサートを通じて計8万人の観客を集めた。

  12月2日と15日にコンサートが行われる横浜アリーナと大阪城ホールはまた別の意味をもつ。 リュ・シウォンが今回初めてコンサートを行う横浜アリーナは、89年にオープンした多目的のイベントホールで、定員が1万7000人にのぼる。イベントの性格に適した形で座席を作れるのが特徴だ。所属事務所によると、主に「未来型コンサート」が行われる会場であり、リュ・シウォンにとっては「前向きな未来」を象徴する。

  14日と15日、2日連続で行われたさいたまスーパーアリーナのコンサートにはおよそ3万人のファンが殺到し、長蛇の列を作った。リュ・シウォンはコンサートの直後「初めてのコンサートでは失敗もつきものなのだが、ファンのために最善を尽くした。訪れてくれたファンに心から感謝の言葉を伝えたい」と感想を述べた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 18日 02:39