[芸能] 芸能人ら、全世界貧困児童への支援に向けたキャンペーン


   


女優のパク・シネ、女性グループ「After School」のメンバーで女優のユイ、アイドルグループ「KARA」のメンバーのク・ハラら、芸能界のスター21人が全世界の貧困児童の願いをかなえるため一堂に会した。

  これらは韓国富士フィルムと社会福祉団グッドネイバースが共同で企画し、インターネット上の競売サイト「オークション」で進める競売を通じ、収益金を全世界の貧困児童に寄付する「希望のツリーキャンペーン」に加わる。親筆サイン入りのカメラと直接撮影した写真、ミニアルバムを競売品として提供し、収益金全額を寄付するキャンペーンだ。

  富士フィルムのモデルを務めるパク・シネ、ユイ、ク・ハラ、キム・ジュン、パク・イェジン、ファン・ジョンウム、キム・テウ、パク・ジユン、イ・ヨンウンら21人のスターがともにする。

  韓国富士フィルムのカン・シンファンマーケティング室長は「スターとともに国内外の貧困児童を助けるために企画した。スターとファンがともにできる社会貢献活動だけにたくさんの参加を期待している」とした。

  希望のツリーキャンペーンの競売は16日〜23日、オークション(www.auction.co.kr)で行われる。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 17日 01:34