[芸能] イ・スンギが新型インフルエンザ感染…米国公演に支障


   


歌手兼俳優のイ・スンギが新型インフルエンザに感染した。

KBS(韓国放送公社)2番組「ハッピーサンデー−1泊2日」とSBS(ソウル放送)番組「強心臓」で活躍中のイ・スンギは7日、高熱およびせきのため病院へ行き、10日午後、新型インフルエンザ感染が確認された。これを受け、イ・スンギは当分のスケジュールをキャンセルし、回復に専念することになった。

イ・スンギは今週、ソン・ダムビと一緒に米国公演に出演する予定だったが、米国行きの飛行機に乗れなくなった。芸能界ではその間、イ・スンギのほか、チョン・ジョンチョル、SS501のキム・ヒョンジュン、SHINeeのジョンヒョン、オンユ、2AMのチョ・グォンらが新型インフルエンザに感染している。

芸能界のある関係者は「スターの場合、大衆との接触が多いため、新型インフルエンザに露出する可能性が高い」と分析した。事務所側は所属芸能人に対し、外部の人との接触を自制するよう注意を呼びかけている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com   

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 12日 01:08