[芸能] 念珠着用のコ・ソヨン、恋人のため改宗?

チャン・ドンゴンとコ・ソヨンの熱愛が報じられた後、2人の関係を裏付けるような写真がネット上に次々と公開されている。 ネットユーザーらが見つけた「証拠」はブレス念珠。2人は茶色と黒の二重のブレス念珠をともに右手首につけていた。色が違うだけでデザインは同じものだ。 チャン・ドンゴンは10月に開かれた釜山国際映画祭グッドダウンローダーキャンペーンでこのブレス念珠を着用した。カジュアルな服装でマイクをつかむ右手首にブレス念珠がはめられている。「グッドモーニング・プレジデント」がオープニング作に選定され、グッドダウンローダーキャンペーンまでしたが、当時はだれもブレス念珠のような小物に注目していなかった。さらにチャン・ドンゴンの宗教は仏教で、おかしな点はなかった。 一方、コ・ソヨンは5月ごろに知人と撮ったとみられる写真で色違いのブレス念珠をはめていた。右手首に2つのブレス念珠をはめており、これが2人のカップル関係を暗示しているという声が出ている。 特に、コ・ソヨンはカトリック信者として知られており、ブレス念珠の着用は格別な意味を投げかけている。一部ネットユーザーからは「もしや恋人のためにコ・ソヨンが改宗したのではないか」という推測も出ている。 これはソン・ユナと結婚したソル・ギョングが結婚前にカトリックの洗礼を受けたことを思わせる。幼いころに教会に通っていたソル・ギョングは、敬虔なカトリック信者のソン・ユナと結婚することで改宗し、結婚もミサで行われた。

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 09日 23:05