[芸能] 映画「執行者」 11月第1週公開作で前売り率1位


   


映画「執行者」(チェ・ジンホ監督)が「マックスムービー」で11月第1週公開作のうち前売り率1位を記録した。

マックスムービーのキム・ヒョンホ室長は4日、「死刑制度に対する社会的な問題が提起された状況とかみ合い、観客の関心を集めているようだ」と述べた。
「執行者」は、凶悪犯のため12年ぶりに復活した死刑制度を扱い、死刑を執行しなければならない刑務官の葛藤を描いている。

過去11年間、死刑は執行されず、事実上の死刑廃止国に分類された韓国で、「チョ・ドゥスン事件」など凶悪犯罪が相次いでいる中、死刑制度を復活すべきではないかという世論が形成されている現実と重なっている。

2日に李貴男(イ・グィナム)法務部長官が政府果川(クァチョン)庁舎で開かれた「執行者」試写会に出席したのに続き、4日午後にはソウル・明洞(ミョンドン)での試写会に鄭鎮ソク(チョン・ジンソク)枢機卿が出席した。   ユン・ゲサン、チョ・ジェヒョン、パク・インファンが出演し、5日に公開される。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 11月 05日 19:10