[芸能] 「ヒーロー」キム・ミンジョン、放置した肩の負傷が悪化


   


女優キム・ミンジョンが負傷の度合いが軽いと思われていた肩が悪化していたことから、MBCテレビ(文化放送)の水木ドラマ「ヒーロー」(演出:キム・キョンヒ)の撮影で苦労している。

キム・ミンジョンは今年5月、同テレビのドラマ「ストライク・ラブ」を撮影していたとき、肩を負傷した。病院から症状は軽いという診断を受け、痛みもなかったことからこれといった治療は受けなかった。

しかし「ヒーロー」の女性刑事にキャスティングされ、アクションスクールで武術の授業を受けた際、肩に激しい痛みを感じた。診断の結果、肩の筋肉やじん帯に少なくないダメージを受けていたことがわかった。
所属事務所ジウォンE&T側は「骨が石灰化し、筋肉とじん帯にダメージを受けている。早期に治療すれば問題がなかったはずなのに一歩遅れて確認し、撮影の日程が狂っている」と伝えた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com  

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 10月 24日 03:19