[芸能] ユン・ゲサン、Araとの熱愛説を否認


   


人気グループ「god」出身の俳優ユン・ゲサン(31)が、熱愛説が浮上している女優Ara(韓国名:コ・アラ、19)について「同じ町の住民であるだけ」と明らかにした。

ユン・ゲサンは22日、映画「執行者」(チェ・ジンホ監督)の公開を控えて臨んだ日刊スポーツとのインタビューで、Araとの熱愛説についてこのように語った。

ユン・ゲサンは「Araとは12歳も離れている」と笑顔で話した後「自宅が徒歩3分の距離にあるため夕食を一緒に取ることがあり、時々、自宅近くの小学校でバドミントンもする隣人であるだけ」と釈明した。 2人はソウル・江南区清潭洞(カンナムグ・チョンダムドン)の高級マンションに住んでいる。

昨年3〜5月に放送されたMBCテレビ(文化放送)のドラマ「どなたですか」で共演して以来、親しくなったという2人は、今年8月から江南区新沙洞(カンナムグ・シンサドン)のカンジャンケジャン(しょう油漬け蟹)の専門店や狎鴎亭洞(アプグジョンドン)のライスヌードル専門店などで、2人で食事をする姿が頻繁に目撃され、熱愛説が広がっていた。 2人きりの場合もあったが、大半はマネジャーやスタイリストとみられる一行が同行していた。

「本当に交際中なら僕はありがたいものの、12歳も違うのは少し気になる」と、照れくさそうに語るユン・ゲサンは「Araは僕にとっては幼すぎる」と否認した。

また映画「6年目の恋愛中」で共演したキム・ハヌルにも触れた。彼は「ハヌルさんとも頻繁に食事をするのに、なぜスキャンダルにならないのかわからない。イ・ミヨン先輩も同じ」と余裕を見せた。 続いて「共演した女優となるべく親しくなろうと努力する方だから、そうしたうわさが広がるのかもしれない」と話した。

ユン・ゲサンは「最後の恋愛から1年も過ぎている」とした後「最近とても寂しく感じるが、職業柄、女性に出会うのも容易ではない」と嘆いた。また「結婚した友達を見ると、多くの部分であきらめて暮らさなければいけないようだ。俳優として認められるまでは、結婚のことは当分考えないつもりだ」と強調した。

ユン・ゲサンが死刑囚とかかわる新米の刑務官を演じた「執行者」は11月5日に公開される。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 10月 23日 00:33