[芸能] 「コスモポリタン」誌のチャン・ドンゴンの写真が話題


  


‘9時のニュースで見たい大統領’、ハンサム大統領として帰ってきたチャン・ドンゴンに「コスモポリタン」誌が会った。

映画「タイフーン」以来4年ぶりのスクリーン復帰作「グッドモーニング・プレジデント」で、大韓民国憲政史上最もハンサムな大統領を演じたチャン・ドンゴンは、インタビューで「4年ぶりの復帰作なので単独主演の作品をしたいという欲もあった」とし「ワントップでないとのことが短所のように見えるかもしれないが、撮影をしているとむしろ長所と感じられることが多かった。それほど楽しく撮った作品だ」と感想を語った。

「もし本当に大統領なら何をしたいか」という質問に対しては、「スクリーンクオータ(割当)問題に関心を持つだろう。韓国の映画関係者に少しでも力になれる政策を考えたい」と答えた。

チャン・ドンゴンはこの日、忙しい日程の中でも疲れた表情を見せず、カリスマあふれる魅力と礼儀正しい態度で全スタッフから好評を受けた。 俳優チャン・ドンゴンの真心が伝わってくるインタビューと写真は「コスモポリタン」11月号で会うことができる。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 10月 21日 18:58