[芸能] チャン・ドンゴン「最も怖い存在はネットユーザー」


   


トップスターのチャン・ドンゴンが普段から最も恐れている存在にネットユーザーを挙げた。

チャン・ドンゴンは8日、釜山(プサン)センタムシティCGVで開かれた第14回釜山国際映画祭の開幕作「グッドモーニング・プレジデント」(チャン・ジン監督)の試写会後、記者会見で「普段から最も恐れているのはネットユーザー。ネットユーザーがまさに観客であるからだ。この時期は映画を見て評価する記者と評論家の批評が怖かったりする」と述べた。

チャン・ドンゴンは05年に「タイフーン」に出演して以来、国内作品に4年ぶりにカムバックした。「タイフーン」「友へ、チング」「ブラザーフッド」などで相次いで強烈なキャラクターを演じたが、今回はウィットとユーモアを持つ‘美男’大統領チャ・ジウクに挑戦した。

大統領チャ・ジウクは野党の党首から最年少大統領となる人物。「日本の領海侵略と米国の軍事支援要請は韓半島の国益に反する」と述べるなど断固たる態度を見せる大統領でもある。しかし実際にはシングルダディーで、注射の針を恐れる性格だ。映画の中でも注射の場面がコミカルに描写されている。

チャン・ドンゴンは「いつも作品の結果が出る時は、成績表を評価されるように緊張する。ネットユーザーと観客、記者・評論家の皆さんが自分にとって最も恐ろしい存在だと思っている」と語った。

「グッドモーニング・プレジデント」は、チャン・ドンゴン、イ・スンジェ、コ・ドゥシムがそれぞれ 与党および野党出身の大統領、大韓民国初の女性大統領として出演し、大統領という存在に対するドラマをユーモアで描いている。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 10月 09日 20:21