[芸能] 東方神起−SM、上海コンサートため1日出国


   


一部のメンバーの事務所専属契約効力停止仮処分申請で活動を中断した東方神起が、中国上海コンサートのため1日に出国した。東方神起は所属事務所SMエンターテイメントと一緒に今年の秋夕(チュソク、中秋)を迎えることになる。

  東方神起の中国コンサートは2日午後7時30分、上海虹口サッカー場で開かれる。 このため1日に出国した東方神起は久しぶりに所属事務所SMエンターテイメントとともにスケジュールを消化する予定だ。

一方、ジュンス、ユチョン、ジェジュンの3人が提起した仮処分申請に対する決定はまだ出ていない。 仮処分申請の場合、決定まで1−2カ月かかるといわれるが、1日現在、今回の東方神起関連仮処分申請はすでに2カ月を満たした状態だ。双方の関連書類提出が長引いたうえ、ファンの請願も相次ぎ、裁判所がこれを慎重に処理していると考えられる。

実際、今回どんな決定が下されるかによって、今後の韓流芸能産業は大きく左右される。 韓流産業のために所属事務所と歌手の間の長期契約がどの程度まで認められるのか、今回の仮処分決定で裁判所の判断が見えてくるからだ。今回の仮処分申請結果によっては双方ともに本訴訟も辞さない方針だ。

韓国芸能制作者協会は「歌謡産業の特性上、所属事務所と歌手の長期的なパートナーシップは必須」という結論を出し、「長期契約の無効化は歌謡産業、特に韓流産業をつぶすも同然だ」と主張している。   一方、東方神起のファンは歌手の人権が優先されるべきだとし、新聞広告・請願など積極的な動きを見せている。このため裁判所の判断に世間の注目が集まっている。 双方が久しぶりに上海コンサートで‘再会’するだけに、劇的な妥結可能性も排除することはできない。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 10月 02日 19:44