[芸能] ヨン様・ジウ姫「雪だるまキス」に日本ファン熱狂


   


「ヨン様! 私たちはあなたの家族です。会いたかった」−−。

29日夜、日本の東京ドームがヨン様で熱く盛り上がった。アニメーション「冬のソナタ」の制作発表会の席だった。アニメーションで主人公チュンサンとユジンの声を担当したペ・ヨンジュンとチェ・ジウが7年ぶりに日本ファンの前に立った。

ペ・ヨンジュンは「チュンサンという名で家族の皆さんの前にまた立てた。7年前に戻って『冬のソナタ』で感じた初恋の熱情と温み、幸福感をまた感じることができてうれしい」と言った。 チェ・ジウも「7年ぶりに(劇中の名)ユジンとしてあいさつできてうれしい。ありがとう」と言った。

ペ・ヨンジュンは舞台に上がり、胸に手を当てて感激した表情でファンにあいさつした。続いてチェ・ジウと温かな抱擁で7年ぶりの再会を祝した。 東京ドームをいっぱいに埋め尽くした5万人のファンは「ヨン様、ジウ姫、サランヘヨ〜(愛しています)」を連呼した。 アサイミスコさん(58)は「7年間待ってきた感激的な場面」とし「2人の俳優を直接見て、声を聞いたら『冬のソナタ』の懐かしさがまた蘇ってくる」と述べた。

2人の俳優はアニメーションの一部を中央ステージの上の大型スクリーン前で ライブでアテレコをしてリアルタイムの声の演技を見せた上、司会者の質問にもサービスたっぷりに答えた。 ペ・ヨンジュンは子役のイ・ヨンウさん(11)が「ペ・ヨンジュンアジョシ」と呼ぶと、日本語通訳がそのまま「おじさん」と通訳していないかと尋ね、場中を笑いに包んだ。

アニメーション冬のソナタの主題歌公演に続き、最後のステージは2人の俳優が雪だるまに乗って劇中の「雪だるまキスシーン」の再現。ファンは一斉に白いハンカチを振り、ペ・ヨンジュンは感激の涙を流していた。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 30日 22:00