[芸能] チャン・ドンゴン、現代車の新型「ソナタ」1号に乗る


   


現代(ヒョンデ)自動車(www.hyundai.com)はワールドプレミアムセダン「ソナタ」の1号車の主人公に映画俳優のチャン・ドンゴンを選定し、22日、ソウル桂洞(ケドン)社屋で伝達イベントを開いた。

現代車は「1985年以降6世代にわたって国内最高ブランドに成長し、世界市場をリードするワールドクラスのセダンに生まれ変わるソナタのイメージが、1000万人以上の観客を動員した映画『ブラザーフッド』や『チング』に出演したチャン・ドンゴンと重なる」とし、選定の理由を明らかにした。

1号車を受け取ったチャン・ドンゴンは「新型ソナタに対する大衆の関心は爆発的で、私もインターネットで写真を見てきたが、今日、実際に見ると予想以上に素晴らしかった」とし「特に運転免許証を取得して初めて乗った車が父から譲ってもらったソナタIIだったので、普段からソナタには特別な愛情を持っていたが、今日、新型ソナタの1号車まで頂けることになり、本当にうれしく思う」と感想を述べた。

またチャン・ドンゴンは「一段階アップグレードした性能と画期的なデザインで大韓民国代表ブランドを超えて、世界の顧客から愛される真のワールドクラス級ブランドに飛躍することを祈る」と語った。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 25日 01:00