[芸能] フィソン、ユニバーサルミュージックと契約で米国進出


   


歌手フィソンが米ユニバーサルミュージックと契約し、米国に進出する。

昨年SE7ENの米国デビューアルバムを支援したロドニー・ジェーキンス(Rodney Jerkins)がプロデューサーを務める。

ジェーキンスはマイケルジャクソン、ビヨンセ、ホイットニー・ヒューストン、トニー・ブラクストンなど米国のトップ級ミュージシャンのプロデューサーとして活躍した。

フィソン側は「現在2曲の録音を終えた状態で、ニーヨやエイコン、アッシャーなど米国最上級歌手との共同作業も推進中。 接近自体が容易でない米国市場であるだけに、慎重かつ徹底的に準備している」と明らかにした。

一方、フィソンは10月初め、国内で6thアルバムを発売する。      
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 24日 20:52