[芸能] T−araと超新星、「ドンと一発打ち上げます」


   


期間限定で混声合同プロジェクトグループを組んだT−araと超新星が、ケーブルチャンネルMnetの「M countdown」を通じて活動を開始した。   超新星は2008年4月にデジタルシングル「スーパースター」以降、日本での活動に力を入れており、国内復帰は1年5カ月ぶりだ。 最近「嘘」をリリースしたT−araは、所属事務所の先輩に当たる超新星との遭遇で大型新人のシナジー効果を出せるようになった。

グループは17日午前にソウル・上岩洞(サンアムドン)のヌリクムスクエア共同製作センターで開かれた「M countdown」の収録で、多様な控え室での姿で取材陣の耳目を引き付けた。 音楽だけでなく、振り付けやスタイルもこれまでと180度異なる姿を見せた。 ミュージックビデオ「TTL(Time To Love)」は超新星のゴニルとT−araのキュリの演技、メンバー7人の華麗なダンスが公開当初から話題を集めた。

彼らは17日を皮切りに、18日にはKBS第2テレビの「ミュージックバンク」、19日にMBCテレビ「ショー!音楽中心」、20日にSBSテレビ「人気歌謡」などの歌番組に順次出演する。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 18日 23:00