[芸能] シン・スンフン、イ・ムンセコンサート援護射撃


   


シン・スンフンが先輩イ・ムンセの全国ツアーのソウル公演で援護射撃をした。

シン・スンフンは12日、ソウル竜山戦争記念館平和の広場で開かれた「2009イ・ムンセ−赤い夕焼け−」で特別ゲストとして参加した。 イ・ムンセが4枚目アルバム「愛が去れば」に収録された「別れ話」を歌う途中、シン・スンフンがステージにサプライズ登場した。シン・スンフンの笑顔に観衆たちは熱く歓迎した。

イ・ムンセは、大切な後輩とシン・スンフンを紹介し、シン・スンフンは「ムンセさんにゲストとして出演してくれと言われた。ムンセさんの気持ちを知ってうれしかった。1曲だけ歌ってくれと言われたので楽しい曲を選んだ」とし「オンマヤ」を紹介。観衆たちにフリも直接教えた。

「オンマヤ」で盛りあがるとイ・ムンセは「肌寒いし、シン・スンフンは僕と歌って熱くならなくちゃいけない」とし「初めてのあの感じのように」を続いて歌った。 シン・スンフンは「11月ごろ新しいアルバムが出る」と伝えてステージから降りるとイ・ムンセは「だからシン・スンフンはゲストに呼んではいけない」と笑いながらシン・スンフンに感謝を示した。

一方、イ・ムンセは11日に続き、5千人余りの観衆と2時間30分、情熱的なステージを行い、全国ツアーの口火を切った。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 14日 22:16