[芸能] SS501のキム・ヒョンジュン、新型インフルエンザ感染…日本で入院



アイドルグループ「SS501」のキム・ヒョンジュン(23)が日本で新型インフルエンザの診断を受け、東京の病院に入院したと、所属事務所DSPメディアが8日明らかにした。 国内の芸能人が新型インフルエンザの診断を受けたのは今回が初めて。

DSPメディアは「マレーシアでのプロモーションを終え、4日にソウル入りしたキム・ヒョンジュンは、ドラマ『花より男子』のプロモーションに向けて5日に日本に出国、5−6日に横浜でイベントを開催したが、高熱のため苦しんでいた」とし「7日に東京に移動して診察を受けたが、8日に新型インフルエンザという診断を受けた」と説明した。

また所属事務所側は「キム・ヒョンジュンは一時、熱が39.5度まで上がったが、現在は熱が下がっている状態」とし「半月ほど病院で隔離治療を受けなければならないようだ」と伝えた。

7日に帰国したSS501の他のメンバーには新型インフルエンザ感染が疑われる症状が出ていないという。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 09日 19:06