[芸能] イ・ボムス「チョン・スンピル失踪事件」でコメディー映画に出演


   


イ・ボムスが映画「チョン・スンピル失踪事件」(ホワイトリシネマ、カン・ソクボム監督)で今年10月、映画出演する。

同作品でイ・ボムスは500億ウォン(約40億円)台の資産を管理する前途有望な資産管理士から、一瞬にして、あるビルに閉じ込められる「悲運の男」となるチョン・スンピル役を演じる。結婚をわずか1週間後に控えて行方不明になり、横領・拉致・痴情・保険金を狙った偶発的な殺人などとんでもない事件に巻きこまれるというコミック捜査劇だ。

イ・ボムスがコメディー映画に出演するのは06年に公開した「花嫁はギャングスター3」以来、3年ぶりとなる。イ・ボムスは「夢精期」「オー!ブラザーズ」「恋の罠」「花嫁はギャングスター3」など主にユーモラスな役柄が多かったが、「お姉さんが行く」をきっかけに最近ではドラマ「オンエア」のほか、「コ死:血の中間考査」「キングコングを持ち上げる」などコメディー・ジャンルを脱していた。

「チョン・スンピル失踪事件」でイ・ボムスは行方不明になった自分を探すため全方位から捜査が行われる間、ひとりで脱出のため孤軍奮闘する爆笑演技を披露する予定だ。 イ・ボムスのほかキム・ミンソン、ソン・チャンミン、キム・レハ、イ・ハヌィらが共演する。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 08日 01:33