[芸能] アン・ジェウク「ジニョン、お前の友達だったことが誇らしい」


  


故チャン・ジニョンの最後の追悼式で俳優アン・ジェウクが熱い仲間の愛を伝えた。   アン・ジェウクは4日、京畿道・広州市五浦邑盆唐スカイキャッスル追慕公園で行われたチャン・ジニョンのレッドカーペット追悼式で、普段から親しかった仲間として感じた切々たる思いを述べた。

アン・ジェウクは「プライドと我の強い君が、ずっと孤独に過ごしてきたと思ったら胸が痛い。その苦痛を計り知れなかったろう。もう楽になってほしい。お前の友達だったことが本当に誇らしい」と述べた。
追悼辞を朗読し、アン・ジェウクは湧きあがる悲しみをこらえた。時に深く息をつき、感情を治めた。
アン・ジェウクは「これまでお前と酒を飲んだこともあった。その1杯がお前にとても痛い毒になっていたと思ったら、本当にすまない」と述べた。
そして「お前を大事に思っていた人は本当にたくさんいる」とし「今日のお前の姿を心に刻んでおきたい」と追悼の辞を結んだ。

父親のチャン・ギルナムさんも「父が娘に送る手紙」でその悲しみを表現した。 「まだ別れを実感できないほど、明るかったお前のほほえみが浮かんでくる。今でも君が駆けて来るようで、後を振り返ってしまい、父はなかなか前に進めない」とし「二度とお前の笑顔やその手のぬくもりを感じることはできないが、この父は心にお前を刻み、私の娘ジニョンとして絶対忘れない」と述べた。

この日の追悼式には生涯最高の女優とチャン・ジニョンを礼遇し、レッドカーペット形態で行われた。甥が遺影を持った後ろでキム・アジュン、ハン・ジヘが青龍映画賞主演女優賞、大韓民国映画大賞、韓国映評賞などのトロフィーを運んだ。

追悼式後、チャン・ジニョンの遺骨は彼女の遺品とともに追慕公園5階天上館に別途用意された「映画俳優チャン・ジニョン棺」に安置された。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 07日 19:36