[芸能] イ・スンチョル「キム・ジョンウンを見守りながら胸が痛んだ」


   


イ・スンチョルが4日にリリースする10集リパッケージアルバムの新曲「愛は本当に難しい」について、「キム・ジョンウンのための歌だ」と明らかにした。

イ・スンチョルはこのほど日刊スポーツとのインタビューで、「歌を聴いてキム・ジョンウンが真っ先に思い出された。大きな期待はしていなかったが、ありがたくもキム・ジョンウンは歌を聴いて快くビデオ出演に応じてくれた。胸痛む別れの過程と似た26時間のミュージックビデオ撮影の間、キム・ジョンウンはとてもたくさん泣いた。演技のうまい女優だが、その日だけは本当に演技ではないようだった。撮影現場を見る間中痛ましく、自分もこみ上げてきた」と述べた。

イ・スンチョルは俳優のイ・ソジンと親交が深く、当時恋人同士だったキム・ジョンウンと2年前に会合で初めて会った。
当初から2人の交際を知っており、ともにコンサートに招いたり夫婦と一緒に食事もするなど親しく過ごした。そのため2人が別れを選ぶまでの過程と苦しさを他のだれよりもよく知っている。
イ・スンチョルは「キム・ジョンウンと仕事をしながら、久しぶりに芸能界で義理堅い人に会ったというありがたさを感じた。触れたくない胸の痛い思い出の一部なのに、縁を大事にする彼女の配慮が大きな感動をくれた。彼女の出演のおかげで『愛は本当に難しい』が輝いたようだ」と話した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 03日 01:51