[芸能] チャン・ジニョンさん死去、芸能界に衝撃と悲しみ広がる


   


女優のチャン・ジニョンさんが死去した後、芸能界の同僚らは悲しみと衝撃に包まれた。

チャン・ジニョンさんと2本の映画で共演した俳優キム・ジュヒョクは「あまりにも悲しく、やるせない気持ちだ。何も思い出せない。最近健康状態が良くなったと聞いていたのに、こんなことになるなんて…」と悲しんだ。

歌手のキム・ゴンモは「チャン・ジニョンさんとはプロモーションビデオのヒロインで出演したことをきっかけに知りあった。今年4月、ソウル世宗(セジョン)文化会館の公演に続き、5月に全州(チョンジュ)公演を友達とともに観覧したのが最後の姿だった。厳しい闘病中だが、完治しつつあると思っていたのに、こうした悲報に接することになり悲しい。私も今月中に所属事務所の同僚らとともに健康診断を受ける予定だ」と話した。

チャン・ジニョンさんと現代(ヒョンデ)クレジットカードのCMや映画「サイレン」で共演した俳優チョン・ジュノは、「ジニョンさんは芸能人のボランティアグループ‘タサモ’で活動していたが、常に笑顔だった。以前からジニョンさんの病状が深刻だとは聞いていたものの、本人が公開したがらないようだったので、ただ見守っていた。映画界の大きな人材を失った。悲しい」と語った。

チャン・ジニョンさんと同じ事務所に所属する女優キム・ジョンウンは「先輩の病状が好転したと聞いていたのに、今日こうした悲報に接し、当惑している。惜しい女優を失ったと思う。それをそばで見守っていながら、怖いという気もした。昨年チェ・ジンシルさんが亡くなったときにも皆が苦しみ、悲しんだが、またこうした悲報に接することになった」と涙声で話した。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 09月 02日 19:28