[芸能] Rain、アジアツアーでマイケル・ジャクソンを追慕


   


歌手Rainがアジアツアー初日の公園でマイケル・ジャクソンを追慕した。

Rainは29日にさいたまスーパーアリーナで開かれた2009アジアツアー「LEGEND OF RAINISM」初日の公演で、マイケル・ジャクソンのヒット曲「ビリー・ジーン」を再現した。 中折れ帽に短いジャケットを着てムーンウォークを披露したRainは、マイケル・ジャクソンについて「自分のダンスのイメージであり、多くの影響を受けたミュージシャン」だと紹介した。

Rainはまた「きょう(29日)は偶然にもマイケル・ジャクソンの誕生日だ。ジャクソンは私たちの時代の最高のパフォーマーであり、多くの音楽ファンの心の中に永遠に生きている人物だ。6月25日が私の誕生日だが、奇しくもその日にジャクソンがこの世を去った」と述べ場内は粛然とさせた。

Rainはこの日、自身の今後の計画についても説明した。10月9日と10日にソウル・オリンピック公園体操競技場で3年ぶりの国内公演を行い、11月には映画「ニンジャ・アサシン」の公開も控えている。来年上半期にはドラマ復帰に向け現在2作品ほどのシノプシスを検討しているという近況も明らかにした。

Rainはこの日5枚目のアルバムに収録された曲から8曲を披露した。 代表曲の「Rainism」はバンド曲に脚色し、ファンキーなイメージの「Fresh Woman」と「Only You」もバンド編曲で新たに披露した。アンコールまで含め25曲を2時間30分にわたりゲストもなくライブで消化した。

Rainは「ニンジャ・アサシン」の封切りに合わせ欧州や米国でも公演する計画だという。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 31日 19:14