[芸能] BIGBANGのテソンが退院


  


雨の中で交通事故にあい、全治8週間のけがをしたBIGBANGのメンバー・テソン(D−LITE)が28日に退院した。

所属事務所のYGエンターテイメントは「手術の経過がよく、あとは回復を待つだけ」とし「当分は自宅で休養を取ることになる」と明らかにした。 眼窩・鼻手術部位は完治した状態だが、頚椎横突起の骨折はできるだけ安静にしなければならないため、療養をしながら回復に専念する計画だ。

所属事務所側は「今後のスケジュールについて話すのはまだ早いようだ。現在のところまだ体の状態を見守っていくしかない」と説明した。 SBS(ソウル放送)番組「ファミリーが現れた」にスンリ(V.I.)が代打で投入された点と関連し、「スンリの出演分のほかに3−4週間の放送分が残っていると聞いている」と付け加えた。

テソンの復帰はしばらく難しい見込みだ。 10月末から予定されていたBIGBANGの日本ツアーも来年初めに延期された。 テソンは11日、撮影を終えてソウルに戻る途中、雨にぬれた路上で車がスリップし、中央分離帯に衝突する交通事故にあった。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 29日 01:02