[芸能] 個性豊かなキャラクターたち「お嬢さんをお願い」


  


KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルで新しい水木ドラマが始まる。

19日夜9時55分にスタートする「お嬢さんをお願い」だ。ユーモアと見所いっぱいの愉快なドラマを目指す。

ユン・ウネ、ユン・サンヒョン、チョン・イルウ、ムン・チェウォンら最近人気を博している若手俳優4人を掲げている。これらは劇中、傲慢な財閥の令嬢(ユン・ウネ)、乞食執事(ユン・サンヒョン)、貴公子の人権弁護士(チョン・イルウ)、ハツラツとした頑張りや(ムン・チェウォン)など個性あふれるキャラクターを演じる。

特にこれらのイメージチェンジが話題だ。主に好感を与える役柄が多かったユン・ウネは、今回のドラマでは自分のことしか知らない傍若無人のキャラクターを演じる。 また話題となったドラマ「内助の女王」で華麗なCEO(最高経営責任者)役で登場したユン・サンヒョンは汗のにおいがむんむんする執事に変身した。

第1話はカンサングループの遺産を相続する唯一の令嬢カン・ヘナ(ユン・ウネ)が父がもうけたお見合いの席を蹴って帰るシーンから始まる。ヘナは花輪を配達中のソ・トンチャン(ユン・サンヒョン)とぶつかるが、花輪を踏み潰して、帰ってしまう。トンチャンがヘナを警察署に連れて行き、2人の複雑な縁が始まる。    
Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 19日 21:00