[芸能] リュ・シウォン、障害者水泳のキム・ジノ選手と友情交わす


   


俳優のリュ・シウォンが障害者水泳の国家代表キム・ジノ選手と温かい友情を交わしている。

リュ・シウォンは最近、江原道太白(カンウォンド・テベク)のリゾート「レーシングパーク」で開催された「2009 CJ O スーパーレース」にキム・ジノ選手を招待した。 レーシングチーム「EXR TEAM 106」の監督を兼ねた選手として出場したリュ・シウォンが、キム・ジノ選手に緊張感あふれるレーシング大会を体験させたのだ。

この日、リュ・シウォンの招待はキム・ジノ選手が先月、チェコで開催された「グローバルゲームズ・2009」で背泳ぎ200メートルの世界新記録を更新した後、インタビューで「レーシングの試合に関心がある」と話したことがきっかけとなった。

リュ・シウォンの招待で生まれて初めて太白を訪問したキム・ジノ選手はこの日、試合を見守り、リュ・シウォンが所属する「EXRTEAM 106」を熱く応援した。リュ・シウォンは試合の途中、ドライバーと同乗する体験イベントを行い、キム・ジノ選手に実際のレーシングの生き生きとした感じを満喫させた。

太白レーシングパークを訪れた日本人ファンら約200人に、リュ・シウォンが「韓国を代表する水泳選手」とキム・ジノ選手を紹介する場面もあった。 自閉症・障害2級の判定を受けているキム・ジノ選手は、障害者水泳の国家代表で、各種の国際大会で良い成績を収め、水泳界のスターに浮上、話題となっている。    

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com

Copyrights(C) 中央日報 Joins.com 2009年 08月 18日 02:00